1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 2  

広島からヒロシマへ

 夏に公演する原爆朗読のためお勉強会として広島へ。
 
 ここは自分が生きている間に行きたかった場所。
 実現できて良かった。

 行き帰りは夜行バスだったもんて腰痛が悪化していく。汗
 
 広島に着くといいお天気に恵まれたが、反対に私の体調が悪くなって
 ゆく。広島市に入ったら急に鼻水が止まらなくてさらにくしゃみが
 多くなってきた。せっかく花粉症が治ったのにまた花粉症がっ!!
 くしゃみすると腰にくる・・・・。悲しい。

 4169.jpg

 夜行バスの中でウトウトする私。この時点で鼻水が止まらなくなった。

41610.jpg

 目的地到着。重い足取りで原爆ドームの前へ進む。
 今までテレビや写真を観たことはあるが、目の当たりすると言葉がなくなる。

 広島平和記念資料館に入ると予約したピース・ボランティアと一緒に回る。
 ピース・ボランティアとは資料館を解説してくれるのです。
 もちろん、手話付きです。

 解説してくれたおかげで知らない広島の顔が見えた。そしてプチろう関係の情報も
 頂いた。どこにもない情報で驚き、もっと知らせなきゃと思った。
 このピース・ボランティアはろうの人もやれば、もっと説得力があるじゃないかと
 同行したマメが言ってた。私もそう思う。
 聞こえない版の情報もたくさんあるはず、それを聞こえない人が解説したらきっと
 みんなも聞きたがると思う。

 ぜひ、やるべきだ!そして、伝えるべきだ!

4167.jpg

 原爆落とされる前の街。落とされた場所は島病院。(指さしているところが島病院)
 指さしより右直線にある建物は原爆ドームの本来の姿。

4168.jpg

 原爆投下後の街。何もない、手前から二つ目の建物は原爆ドーム。
 この模型を見るだけで原爆の恐ろしさが伝わる。
 コンクリートの建物は残っていたが、あとは木造の家はすべて燃えてしまった。
 
4163.jpg

 ここは絶対に行きたかったところ。場所は広島市内にある聾学校。
 これは原爆で亡くなったろう者の慰霊碑。
 慰霊碑を建立するまでは険しい道のりだった。建立するまで五年もかかったと聞く。
 本来なら平和公園で建立するべきなのに条件が合わなく、聾学校のグランドになった。
 
 広島は3泊4日間滞在してまだまだ、足りない。

 もっといろんな人たちと会って話を聞きたいと思いました。
 
 お忙しい中会って下さったろう協会の幹部たちに御礼を申します。
 聞かせて頂いた貴重なお話を朗読に生かして丁寧にやらせていただきますので
 何とぞよろしくお願いいたします。
 
 
 ※写真提供 まめ
 
 
スポンサーサイト

Comments

Re: 原爆手話朗読劇「目で聴いた、あの夏」
石田さん、ええ、ぜひ観にいらしてください。お会いするのを楽しみにしております。
原爆手話朗読劇「目で聴いた、あの夏」
お久しぶりです。
夏の朗読公演が待ちどおしくなりました。

早~く、来い来い♪・・・お  っと時期が違った。

埼玉、横浜、東京公演楽しみにしています。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。