1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 3  

コラム
 大阪公演で観劇して下さった方より下記のメールが来ました。

 彼は取材で知り合い、強烈な見た目でインパクトを残して
 下さいました。笑
 一瞬、アフリカの人か!と思うほど服装が民族ファッションで
 カラフル!爆笑

 でも、お話しすると気持ちのいい人。
 彼が書いたコラムをそのまま掲載しますので
 よかったら、読んで下さいね。
 

よみたいときに よめば よゐ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  Daily K-Scale 1331  見つめるコミュニケーション。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
デイリー・ケイスケール1331号         2012.12.12

 昨日、サンケイブリーゼホールでミュージカル『女子高生チヨ』
を観劇してきました。木の実ナナさんの迫力ある演技・歌・ダンス
をはじめ、役者さんたちの卓越したパフォーマンスに時間を忘れて
楽しませていただきました。笑いあり、泣きあり、そして会場全体
でのダンスパフォーマンスあり、と盛りだくさんの内容で、ミュー
ジカルの醍醐味を満喫させていただきました。

 このステージのポイントのひとつが手話がふんだんに使かわれて
いたこと。そのキーパーソンが、ぼくがかつて取材したことがある
女優の大橋ひろえさんでした。ほとんど耳が聴こえない彼女は、そ
れをハンデとはせず、むしろ個性として活躍されています。劇中、
随所に手話での台詞(というか振付みたいでした)が挿入され、そ
れを言葉で通訳するというシーンがありました。

 そこで思ったのが、もし自分が手話を身につけていたら通訳なし
で楽しめたのに…ということです。

 これは、字幕や吹き替えなしで外国映画を見ているときに感じる
のと同じ感覚ではないかな、と思います。そんなときは「もっと英
語に堪能だったら…」と思いますよね(英語が達者じゃないぼくだ
からですが)。手話ができたら、もっとコミュニケーションの対象
が広がるのに、と思った次第です。

 それともうひとつ、相手を見ながらコミュニケーションすること
の大切さも感じました。横並びや背中合わせのコミュニケーション
というのもあります。でも、基本になるのは、やはり向かいあった
関係なのではないのか、と。

 ぼくの先輩で、打ち合わせを横並びでする人がいました。隣り合
わせでないと話ができないというのです。「顔を見ながら話するの
が苦手でね」と彼は言っていました。最近、そういう人が増えてい
ると聞きます。モノローグのように話して意志を伝えようとするの
です。メールやツイッターが流行るのは、このあたりの思いが反映
しているのかもしれませんね。発信しながらも相互交流は敬遠した
いということなのでしょうか。

 その点、手話は相手を見つめないとコミュニケーションできませ
ん。つまり、相手に関心を持たないと成り立たないのです。そこに
コミュニケーションの根本があるように思います。

 手話を勉強してみようかな。今、真剣にそう思っています。

スポンサーサイト

Comments

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。