1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  

また、会えるよね
 1077.jpg

     左)私、演出家:大西さん、大窪さん


 昨日、皆さまから温かい応援のなかで「大ハード」の幕を無事に下りました。

 この企画を作った大窪さんをはじめ、演出家:大西さん、優秀なスタッフたち、
 手話通訳者、本番中にお手伝いして下さった方々に感謝いたします。

 そして、遠いところからお越し下さった方やお忙しい中時間を作ってお越し頂いた
 方々に深謝いたします。

 この作品は私にとって新しい試みで一皮むけたんじゃないかと思います。

 そう、この芝居はタイトル通りに大ハードでした。
 今回は手話と日本語(音声)を両方に1時間近くしゃべりまくる役でした。
 今までは、全体的に台本2ページ分ぐらいのレベルで手話と音声の両方とも
 しゃべる役はありますが、1時間以上はなかなかありません!!!
 しかも休憩なし!

 二つの言語を同時で話すことは難しく、至難の業です。
 わかりやすく言えば、英語と日本語を同時に話せますか?

 「・・・・・・・」

 そう、混乱の連続です。笑

 
 稽古の途中で演出家に睨み付けたい気持ちでやっていた時期もありましたが、
 本人は気づいていないと思います。爆笑

 共演の大窪さんも慣れない手話を一生懸命に死に物狂いで覚えていきました。

 私たちは普通の山ではなく、軽装スタイルでヒマラヤへ登りに行くような
 チャレンジをしてる。無謀なチャレンジ!
 気づいたのはすでに遅し。

 今までのスタイルは台本があって稽古をしていましたが、今回は稽古と台本作業を
 同時進行しながら芝居を作っていたので新しいセリフをすぐに手話を作って大窪
 さんに渡したり、自分も覚えなければならない。
 また、動きによってせっかく覚えたセリフをカットすることも。
 動き、立ちの位置も決められなかった。
 小道具が出来上がるとまた、変わっていく。

 そんなやりくりを本番前ギリギリやっていました。爆笑

 心の中で「こんやろ〜〜〜」って。苦笑
 
 今となって懐かしい思い出になっている。(え??もう?)

 今回のスタッフさんたちは大変優秀でした。
 実はゲネプロの前にハプニングが起きてどうなるのかとハラハラ。
 でも、冷静に対処し、速やかなスピードでテキパキと修正して
 なんとか間に合った。
 小道具のハプニングもそうだった・・・・。
 あのスピーディな対処を目の当たりしてすごく心に響きました。
 もちろん、彼らはそれが仕事として当たり前だろうけど、私は
 別の意味で感動し、楽屋でひっそりと一人で涙流しました。
 

 今回はメンタルな部分をビシバシと鍛えられ、ちょっと前へ成長できたかなと
 思っております。
 それに聞こえない演劇の中で新しいスタイルが出来たんじゃないかなと希望を
 持ちました。そして、未来にかける可能性も。

 この機会をいただいた大西さんとみこえさんに感謝します。
 本当にありがとうございました。

 
 1079.jpg

 本番前にちょっと緊張気味。



 1074.jpg

 神奈川県のさくら手話サークルの人たちも来て下さいました。
 すてきなお花をいただき、ありがとうございます!!


1075.jpg

 栃木県小山市からやってきたベイブファミリー。
 小学時代からのお友達。あんがと〜〜〜〜〜!!

1076.jpg


 去年、「R&J」で共演したロミオ役の若菜さんと。
 お差し入れ、渋いね。笑 ありがとう!



 1073.jpg

 今回はあまり小道具や大道具が少なかったのでワゴン車1台で充分!

1072.jpg

 スタジオイワトとお別れです。
 本当にお世話になりました。また、いつか会えるよね。さようなら。

ーーーーーーーーーーー

 108.jpg

 ゲネプロの時にカメラマン:豊子亜紀さんが撮ってくれた写真。
 この場面が好きです。

 1081.jpg


 これもカメラマン:豊子亜紀さんが撮って頂きました。

 とても素敵な写真ばかりで選びきれない!笑
 豊子さん、本当にありがとうね!
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。