1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 2  

特別:したごころの楓子さん編
 したごろこの公演で楓子さんのファンが増えたのではないかと思います。
 そのファンのために特別編を入れます。

 楓子さんは本番1時間前に楽屋入りして自分のヴィックをお手入れ始めます。
 それはお嬢様のように丁寧にクシをとかし同時に手話であっちこっちと
 しゃべりだす器用な方です。
 遠くから観るとどうしても美川憲一しか見えない。
 
 楓子クシ

 自分が暇になると相手にしてくれる獲物を探してロックオン。この行為は
 何度も何度もやっていました。よっぽど寂しがり屋さんなのかな?
 隣の海坊主はかなりぐったりしていた模様。

 楓子ウエスト

 さすが、お嬢様!メイドの井出さんがヴィックを最終確認しています。
 頭がどうしてもかゆいようです。
 
 「ヴィックすると頭がかゆいんだよね~」といいながら手は自分のお尻やお腹を
 ポリポリとかいていました。

楓子驚き

 カメラを向けるといつも目線が上の方になります。
 理由を聞くと「赤いランプを観るもんだと思って」と可愛らしいコメント。
 しかし、稽古で台詞を思い出すときに黒目が上に向き、私たちはどうも
 白目しか見えない状態で大爆笑でした。
 気持ちは常に上を見る事が大事なんですね。
 
 楓子ツ#12441;ラ

 偽:楓子さん


 最後に楓子さんの希望でまたアンコール!
 楓子さんの好きだったホストの草平くん!

シーナとアトム

 そんなおちゃめな楓子さん、もっと羽ばたけ~~~~!


 以上

 

スポンサーサイト

Comments

Re: No title
ランさま

 遠いところからお越し下さって本当にありがとうございました。それにお差し入れまで
 いただいて嬉しかった~~~~~!

 あちゃ、大量の汗がバレてしまいましたか!
 どうもそうなるみたいです。
 後半からはあまり汗かかなかったんですが、前半はやばかったですね。
 
 コールミーとは違った目線で今回は楽しめたかと思います。
 12月にその話をしてみたいと思いますね。

 帰りはちゃんと帰れましたか?
No title
はい(・∀・)/私も楓子さんのファンになりました(笑
今野さんは、数年前、喜多方にいらしたそうですね、地元手話サークルで、今野さんを知ってる人がいました。
10月の公演と同じ日に、岩手で泊まりがけで研修なので、見られなくて残念です。
12月、雪降らないといいけど・・・暖かくして来てくださいね♪

私が不思議に思ったのは・・・・次々と登場する俳優さんたちの、その登場するタイミングです。
どうやってタイミングを計っていたのでしょう?ドンピシャなタイミングであのドアから入ってくるのが不思議でした。

私ね、一番前で見ていたでしょう?
ひろえちゃんのカウンターでのシーン、背中しか見えなかったけど、ひろえちゃんの額から汗がポタッポタッと床に落ちるのを2回見ました。見てる私は寒いくらいエアコンが効いていたのに、演じてるみなさんは汗が光っていて、それだけ熱が入ってるんだなと感じました。

今まで「お芝居」って興味がなかったけど、コールミーで「お芝居」というものを初めて見て、すんごく感動して、それ以来、少し興味が出ました。
時間的にも精神的にも落ち着いたら、たくさん見たいなぁ~と夢を膨らませています。
憧れのひろえちゃんに会える機会を、もっと作れたらなぁ~と思います。
それまで待っててくださいね♪

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。