1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  

人間には不可能はない!
 土曜日の朝から喉が痛くなり、腰辺りからヘンにだるい。。。

 「あ~、これは風邪の前触れだ・・参ったな~、予定が入っているので
  休むわけにはいかない・・」

 前から見たくてすでにチケット購入した公演がやっときた。
 この日を待っていたのだ。だから、休むわけにはいかない!
 それは「表に出ろいっ!」です。
 野田さんと中村さんのコンビって大変面白そう!だし、それに中村勘三郎さんって
 大変素晴らしい表現力を持っている方なので前から見たかった。
 そんで野田さんの芝居を初めて観るのでワクワク。
 今回はポータブル字幕機(iPod touchで字幕を見る)を利用できるのでラッキー!

 ポータブル字幕機をレンタルできる日程が限られているので私たちの他に
 聞こえない人たちもくるだろうと思ったら、大変懐かしい人たちと再会!
 お互いに話が弾んで一緒に写真を撮ったど~!
 
 舞台ステージは個性的でテーマパークのように可愛らしかった。
 物語の内容はアミューズメントパークを偏愛する父(中村勘三郎)、アイドル系を偏愛する
 母(野田秀樹)、ファーストフードを偏愛する娘。そんな3つの偏愛が混在する、鎖でつなぎ
 合わないと成立しないほど、バラバラな家庭の話。

 中村さんと野田さんは夫婦と聞くだけでも笑ってしまう。

 開演したとき、暗転から明転へ変わると中村さんが能の稽古をしていた。
 その姿があまりにも滑稽でおかしくて観客席から笑いが起きた。
 ヘンな昔風なウィッグをかぶり、髪分けのバランスがおかしくて時々
 湯浅にみえる。衣装は着物やけどアミューズメントパークおたくに見える
 かわいい模様。

 しばらくしたら、母が入ってくる。これも爆笑。
 衣装はカラフルなロングワンピースでウィッグが最初はパンチパーマだと
 思っていたが、よくよく見るとトイ・プードルみたいな頭。
 
 アンコールを含めて1時間20分と聞いて「え?マジで?短くない?もしかして
 スピードのある芝居?」と思ったが、会話が多くてセリフも次から次へバンバンと
 出る。今回はポータブル字幕機のおかげで100%理解出来たので気持ちの良い
 観劇だった。

 しかし、ほんまにめちゃ面白かった。
 50歳の男性二人が大きな声でハイテンション並にやるもんだから笑っちゃうし、
 エネルギーもハンパじゃない。全力でガンガンと暴れているしね。
 これだったら、1時間20分で納得できる。
 ドタバタ喜劇の仕上がりだけどセリフもめちゃ笑える。
 サービスのアドリブもあった。この時に一瞬だけ「素」に見えてまたいい。

 お気入りのシーンがある。話したいが、まだ公演中なのでネタばらしは
 あかんなので自分の胸にしまっておきます。苦笑

 また、もう一回見たい!と思う芝居だった。
 やっぱり、舞台は「笑い」が必要だと思う。シリアスなどもいいが、日常生活を
 忘れさせてくれるようなものがいい。

 100918_153812.jpg


 観劇終了後、みんなでカフェへ移動。興奮したせいが、体調悪化し、頭痛がひどくなる。

 でも、このメンバーはめちゃ久しぶりなので少しでも長く居たかった。
 
 IMG_7839.jpg

 いろんな話で盛り上がった。
 
 みんなと別れたあと、家に着いたらもう身体が寒くってお風呂へ入り身体を温めてすぐに
 寝る。背中もますます痛くなってきた。
 次の日も仕事があった、しかもハードで肉体労働的な仕事なので不安だった。
 
 朝、起きて熱測ったら「38.4°」。

 「マジで?どうしょう・・・・・。今日の仕事は大丈夫かなあ?」

 中学生と高校生たちにダンスを教えるワークショップだから、かなりエネルギー消耗
 するだろう。そのあとにダウンしないか、心配だった。

 でも、50歳のオヤジ達がハイテンションの状態で1時間以上できるんだから、私だって
 出来るはず!爆笑
 自分に言い聞かせて準備する。

 ダンスを教えているときにジャンプするだけでも吐き気がしそうだった・・・。苦笑
 
 頭の中はフラフラな状態だったけど、なんとか会話が出来るレベルを保ち、無事に終える
 ことが出来ました。

 やっぱり・・・人間には不可能はない!と思った2日間でした。

 「気合いだ~」と思いましたね、ハイ。





 


 
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。