1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 2  

聞こえない人って・・・・・
 いや~、寒い!九州辺りは4年ぶりに大雪だそうです。あんな暖かいところに
 たくさんの雪が降っているなんて・・・・きっと私たちより寒く感じるだろう。

 昨日も寒かったね。
 雨の中で迷子になりながら打ち合わせのレストランへ到着。おかげで少し遅れて
 しまったけど。

 今回の打ち合わせは「聞こえない女性」の参考人として呼び出された。苦笑
 前に一緒にお仕事をした俳優さんが今度、ドラマの脚本を書いていると。その物語
 の中に聞こえない女性が登場する。
 そのために聞こえない女性の参考人として呼び出されたのだ。

 ほんまに私でええの?ってな感じです。苦笑

 某テレビドラマプロデューサー、脚本家、手話通訳者を交えて食事しながら
 そのテーマについて話し合ったのだ。

 その時に私の知らなかった世界が存在していた。
 プロデューサーさんが

 「小さい時に「哲学」という難しい言葉をどうやって理解するのか?」

 と聞かれたときに私はその質問の意図がわからなかった。

 どうやって理解するの?って聞かれても・・・・・意味がわからない場合は
 辞書で調べればいいことじゃないのかな?または家族に意味を教えてもらう
 こともある。または経験をして理解することもある。
 でも、プロデューサーはその答えではなく、別の意味を聞いているのかな?と
 深読みしてなかなか答えられない私。
 
 言葉はほとんど漫画本の中から覚えていくやり方(私の場合)と説明したら、
 プロデューサーは

 「その吹き出しの中にある言葉をどうやって音をイメージするの?」

 「ん?吹き出しの中にあるセリフを音として聞く?なんだこれ?」

 聞こえる人たちは本や漫画の中に出るセリフや言葉を「音(声)」のイメージ作るんだ
 そうです。
 つまり、このセリフはどんな声なのか?想像しながら楽しんで読む。
 そして、アニメとか声の吹き替えのときに自分たちが想像していた声と違和感を
 感じたり感じなかったりなど話すようです。

 これって私たちにはない世界だよね?初めて知った。
 漫画を読むときにその登場人物の声のイメージなんて何も考えていない。音に関する
 よりも絵の上手さやストーリーがメインのような気がする。
 
 話せば話すほど聞こえる人達から観た「聞こえない人のイメージ」と聞こえない私とは
 かけ離れていてどんどんとずれていく。

 もっと難しいのは「聞こえない人」タイプの幅が広すぎる。

 私みたいな口話で話す人もいれば、手話を母語として話す人達もいる。
 だから、コミュニケーションの手段も違ってくる。
 どれをポイントを絞って聞こえない人のキャラクターを作るのか、である。

 私は聞こえる人になったことがないので比較できるデータもなく、
 それをうまく聞こえる人達に説明ができないもどかしさをいつも感じる。

 私はこれが「普通」である。
 でも、聞こえる人から見れば「普通」ではない。
 このギャップをどうかにならんのかねえ?
 それに「普通」の基準がわからない。
 だから、自分たちと違った恋愛、生活、人の接し方、コミュニケーションなどの
 答えを求めている。

 向こうも失礼の承知の上で質問している。
 
 しかし、残念ながら私は聞こえない以外は聞こえる人達とは変わらない。

 それでも認めてくれないだろう。こういうことは死ぬまでほっといてくれないだろう。

 今は聞こえない人を扱ったドラマって流行るかな?
 っていうか、聞こえない役のキャラクターがワンパターンだと思う。これは脚本の人も
 同感と。もっとキャラを遊んでもいいんじゃないのかな?
 今度は女性ではなく、聞こえない男性を作ってくれ!!苦笑 
 特にイケメン採用してくれ!!

 または聞こえない人達が観た聞こえる世界のドラマを作ったら一番面白いと思う。
 きっとありえない内容に仕上がるんじゃない?(爆笑)
 聞こえない人から見た聞こえる世界って結構興味持ちませんか?爆笑
 そういうタイプのコメディドラマを作ってみたい!Mrビーン風な感じにね。

 前に大阪の某テレビのプロデューサーに聞こえない人達で番組を任してみては
 どうですか?と提案したことがあったが、すぐに却下された。爆笑
 理由は「つまらない」だって。ぎゃははははは。
 たぶん、偏った番組になるだろうとのこと。
 

 はあ~、道のりは遠いですね。

 私は舞台でコツコツと頑張って発信できたらと思います。



 映画やテレビの世界は厳しいのぅ・・・・・・・・。

 次はインターネットのドラマが出れば、私たちのチャンスは来る!





 
スポンサーサイト

Comments

Re: サブい~
こんにちは、今も寒いですか?

東京はまだまだ寒いですよ。

たまには遊びにおいでね。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。