1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: 未分類

Tags: ---

 

ワイデックスのDanceShow!
 昨日はホテル日航でワイデックス創立50周年イベント開催していました。「バカの壁」を描いた小説家、ワイデックスのイメージモデルであるタレント酒井法子さんも来ておられました。パーティの部屋を見渡すとすごい・・・大きい!

 そこで私たち、Danceをするんや・・・ そう、ワイデックスイベントでDanceShowをすることになり、ホテルの控え室「桃」で待機しておった。メンバーはお馴染みのコールミーメンバーであるマドンナ・ピーチ・ジョージ・ゆうか・さくら、そして私6人。濃いキャラクターが同じ部屋にいると・・・なんかすごい展開になるんじゃないかな?と一人で笑っていた私は相当壊れている。

 リハーサルも済ませ、本番まで4時間も待ち時間がある。ホテル内でウロウロしようかなと思ったら、担当の人が「できるだけ、この部屋にいてください」と拘束命令!



 それまでずっとおいしいお弁当を食べながら部屋でおしゃべり&リハーサルする。

 そんなときにジョージは首を痛めて湿布貼り、ゆうかは突然目がまっ赤になってビックリし、さくらは補聴器の電池がなくなっかたら近くのコンビニまで行くと慌ただしい時間が過ぎてゆく。

 いよいよ、出番!ドキドキ、快感!爆笑 400人のお客さんの前で踊ったが、参加しているみなさんはスーツをきたえらい人たちばかりで「どうやったら、もりあげていいのかわからない」と左右みながら不安そうな人たちばかり。私たちも「みんな、楽しんでもらえたかな?」と心配半分、「楽しいんだぞ=====」という気持ちで踊りましたぞ。私たちが終わったら、盛大な拍手を頂いたので安心したぞ!!







       イェ~イ、決まっているかぃ!!

 ワイデックスパーティ終了後、そのまま新宿に戻り、「憎しみ」と「本番」のDanceリハーサルへ参加。なんかハードなスケジュールやったわ。
 朝早く起きてお台場へ向かい、DanceShow出演後、そのままDanceリハーサルへ参加する体力ってあるんだなあと自分の身体に感心した私でした。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。