1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: 未分類

Tags: ---

 

Thank you............Mariko!


 

 真理子さんの想い出深い場所、戸田市で「偲ぶ会」を行われました。私も想い出の場所。ここで初めてワイルドザッパーズ公演したところでもあり、そして最後のソウルレインボー公演もありました。ソウルレインボーの練習場所もここでした。だから、戸田市周辺はなんでも知り尽くしている。



 3時から偲ぶ会が始まる予定、しかし参加者たちは早めに来て真理子さんの想い出を分かち合っていました。わさわざアメリカからワイルドザッパーズ(フレッド・ワワ・ロニー)も来て下さいました。真理子さん=ワイルドザッパーズと有名な話でみなさんも大変喜ばれておりました。参加者は100人前後ぐらい集まり,、それぞれ顔をみると日本人だけではなく、外人もいました。まさに国際文化のようでした。

 偲ぶ会の部屋に入ると奥に真理子さんの写真が飾っておりました。その写真を見るととても久しぶりな感じで「いつもの真理子さんだなあ・・・」と一人でつぶやきながら席に着く。

 席についてから始まった。

 司会者がどんどん進行して行く中、真理子さんの想い出Video上映があり、それを観てたら突然「ソウルレインボー」のVideoシーンが出てきて私は不覚にもドバッと泣いてしまった。

 何年ぶり観たんだろう、そのときの撮影したことを思い出しては涙が止まらなかった。とても楽しかった記憶が甦って・・・。

 

 Video上映終了後、世界からメッセージが届けられており、そのメッセージを司会者が読み上げました。日本俳優 役所さん(映画「バベルの塔」)、本の出版で関わっていた編集者、アメリカの難聴協会の代表、インドネシアの子ども達、そして最後に旦那のエリックさん。今回は日本に来られなくてメッセージのみになってしまいました。

 

 いろんなメッセージを聴いていると理子さんは日本中だけではなく、世界中の人たちにたくさんの種を蒔いてきたんだなと実感し、その種を蒔かれた私もその一人。
 これから、自分でどうやって水を与えられるのか、どうやって立派な花を咲かせられるのか、この先に自分で戦わなければならない。
 私は真理子さんからたくさんの「Try(トライ)」と「Can(キャン)」を頂いた。これから、私はずっとチャレンジしていくだろう・・・、いいえ!しなければならない。

 次に真理子さんが指導していた手話ソング&ダンスグループから感謝を捧げるために手話歌を歌いました。参加したのは「筑波短期大学」の生徒さん、「シュワdeハートソング」「フライングハンズ」「ワイルドザッパーズ」「亀渕友香」・・・すごいメンバーでいつもより違っていました。愛の溢れた手話ソングを披露し、真理子さんへ一生懸命に捧げておりました。とても美しい手話ソングでした。

 真理子さんが好きだった歌をみなさんは笑顔で聴いておりました。おだやかな雰囲気でまるでそばに真理子さんがいるような感じだった。

 歌い終わると真理子さんのお父様がみなさんに感謝の言葉を挨拶されておりましたが、やはりまだ信じられない様子で時々涙声になって語っていました。
 そうでしょう、普通は親が先に逝くのに娘の方が先に逝くのは耐えられない。
 
 最後にソウルレインボーのパートナーだった私が「Oh Happy Day」を手話ソングで披露し、みなさんと一緒に笑顔で歌おう!と呼びかけ、その笑顔で天国にいる真理子さんに「Thank you」とメッセージを送りたい。協力としてワイルドザッパーズもバックコーラスで参加してくれました。そう、いつものおなじみのコンサートのように!いつもお世話になりっぱなしだった真理子さんにこのような形で恩返しができて大変嬉しかった。

 真理子さんのことを語るにはここだけでは物足りない。あまりにも多くのことを語ったのだから。これから、私の中にそっとしまって想い出に残しておこう・・・・。なにか悩んだときに真理子さんだったら、どう答えるのかな?と魂のコミュニケーションできるようにね。

 最後に偲ぶ会の実効メンバーの三人に素晴らしい偲ぶ会へ参加できて大感謝しております。本当に大変お疲れ様でした。


  偲ぶ会のリハーサルでワイルドザッパーズが披露するとみんな写真バンバンと撮られておりました。(;^_^A アセアセ…
 さすが、有名人ですね!
 彼らは真理子さんが大好きだった歌を2曲歌いました。














 真理子さんの教え子。彼らは真理子さんの遺志でダンスを続ける!と宣言していました。応援しているぞ!頑張れ!
 いや~、今の若い子達は面白い。私、自分で勝手に美輪明宏さんになってみんなの悩み相談を聴いておりましたというが、強引に引き出した方が正しいかも!爆笑
 彼らの未来に期待してる!












 
アホなワワが日本酒を飲んだ後のリアクションの顔です。ご覧下さい。爆笑 彼はサービス旺盛でそのテーブルのみなさんを盛り上げてくれました。そばにロニーもいたのですが、写真撮れませんでした。
 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。