1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

2015年の物語


プロフィール

大橋ひろえ

Author:大橋ひろえ
誕生日:06月03日
女優

佐賀県生まれ。生まれつきに耳が聞こえない。栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。1999年、俳優座劇場プロデューズの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をするかたわら、手話SONG&DANCEのユニット「ソウル・レインボー(Soul Rainbow)」を結成。2002年、初めて制作したミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第二位を受賞。2006年、サインアートプロジェクト.アジアン初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」をスタートし、好評。

現在、女優、サインボーカル・ダンサー、手話SONG&DANCE、DANCE講師として活躍中。

★書籍
「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
★漫画
「もう声なんかいらないと思った」(講談社 B-LOVE おおにし真)
★TV
フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』テレビ東京『レディス4』、『人間劇場ドキュメンタリー』、テレビ朝日『久米宏ニュースステーション』、NHK関係、衛星シアター出演 地方テレビ 他
★雑誌
女性自身、ポカラ、もんみや、こんにちはクラビアTheater Guide、クレヨン/クーヨン、クローバー、暮しと健康、PHP カラット、月刊OLマニュアル誌、音楽関係、他
★新聞
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、地方新聞 他

月別アーカイブ
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: 未分類

Tags: ---

 

Mariko......
ようやく気持ちが落ち着いてきたので書かせて頂きます。

もうみなさん、ご存じでしょうが、ソウルレインボーのパートナーだった真理子さんがロサンゼルス市内の病院で5月3日夕方4時頃(日本時間5月4日朝8時頃)亡くなりました。

 癌でした。あまりにも突然のお知らせで私は最初、なにかの情報ミスじゃないかと信じられない気持ちだったが、次から次にメールが来るので「これは本当なんだ」と突然涙が溢れて止まらなかった。



 実はあれほど親しくさせて頂いた仲だったのに最後の1年間まったく会っていなく、連絡もしなかった。ウエスト・サイドストーリーの舞台(2004年の夏)が活動の最後でそれ以降、本を発売したから渡したいので会いましょうと。そのときは立ち話程度でした。それが最後の真理子さんの姿でした。

 いつも週3回ぐらいに会って楽しい時間を過ごし、最終電車ギリギリまで話し込んでいました。音楽からプライベートまで話豊富でつきなかった。

 それに真理子さんはいつも自分より人のことばっかり気にかけている人だった。将来の道が見えずに悩んでいたときにそこにはいつも真理子さんがいた。だから、私はアメリカへ留学したりいろんな世界を連れてってくれたのも真理子さんのお陰だった。私だけではなく、多くの人たちを救ってあげていた。

 なのに、なのに・・・・なにも恩返しもせず、このまま逝ってしまうのがとてもやりきれない。気持ちが張り裂けそうで苦しかった。私、まだ結果を出していない。



 

 

今年入ってから、体調が急変し、どんどんと悪くなっていった模様。
 国内で最後の真理子さんをお付き合いした彼女から「弘枝ちゃんの話を出すと真理子さんは寂しそうな顔をしていた」と聞いたら、もう後悔するばかりで何も言えなくなってしまった。
 最後の一年間、会おうと思えば会えた。なのに、お互いに会おうとしなかった。最後に本当に苦しかったんだでしょう。手術した次の日に旅行行くなんて・・・むちゃなことをする!なんでそこまで無理して行くの!本当に真理子さんを怒りたかった。「もっと自分を大切してよ!」って。
 入院中の真理子さんの様子では本人はまさか自分は死ぬとは思わなかったようです。なんとか乗り越えていけるだろうと。そう、真理子さんはいつも今まで自分の力で乗り切っていました。今回もそうだろうと。しかし、体力尽き果ててしまった。

最後に愛する旦那と息子さんに見守られて天に召されてよかったと思います。

いつまでも泣いていたら、真理子さんに怒られるでしょうが・・・彼女が残したものはあまりにも多すぎて心がポッカリと空いている。 
 今でも後ろからトントンと肩を叩き、振り向くと笑っている真理子さんがいるような感じ。そんで「ハーイ、調子はどう?いい男でもいた?」って。。。。

 天使になった真理子さん、いつまでも私たちを温かく見守ってください..............。
 歌い損ねた歌を天国にいる真理子さんへ贈ります。
 「Oh........Happy Day..........」

 今までありがとう.............。お母さんのようで心の温かい真理子さん。もうお話ができないなんて寂しい。いつでも夢の中に来てね、そんで大好きなジャスミンティーを用意するね。ワイルドザッパーズの話でもしようよ!

 最後にいろんなお問い合わせ頂きましたが、お返事ができなくて申し訳ございません

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。